7月9日 (金)  姫緋扇すいせん

またこの紅い水仙のころとなりました。
この姫緋扇には思い出が。
こんな変もない物と捨てられてしまったのですが、翌年、紅く綺麗に咲いたので「この花をあちらこちらに植えようよ、友ちゃん」
友ちゃんは「こんなもの皆 うっちゃちまうよ、珍しくもない」と・・・・。
でも何気なく景色にあうからと彼方此方に植ましたら、最近は友ちゃんも良い感じだね〜〜と。
この辺の農家の庭先などに当たり前に咲いていますからきっと目にも入らないのかもしれませんね。
でも竹林の中や低木の下草にあると、とても美しいです。
名前もとっても素敵ですね。
今日のお客様が竹林の姫緋扇水仙をおほめいただきましたので嬉しかったです。
紫陽花の季節に紫陽花が見事とおほめいただくのはもちろんうれしいですが、その他の草花も一生懸命花開いたのですから、ちょっとでも気づいていただけると嬉しいですね。
これは私の思い、当のお花たちは無心に咲いているのでしょうね。

1005-1.jpg 1005-2.jpg 1005-3.jpg