花野辺の里だより   2011年 12月
メニューに戻る
12月23日 (金)  冬になってまいりました

「木に春と 名付けし 人の想い受け
      冷たき中に 春を咲き継ぐ」
椿の蕾が沢山付いております。
年が明けると待ちかねたように次々と咲き、桜の花を見上げているといつの間にか花が無くなっております。
藪椿はもう咲き始め山茶花に負けじと、紅く霜降る庭に花を添えます。
雪だよりが珍しくないどころか、しっかり積もった雪に、雪国の厳しさが始まったことを認識します。
北国のかた方はほんとうに春が待ち遠しい事でしょうね。
お正月にむけて寒さが少し和らいでくれますように。

1590-1.jpg 1590-2.jpg 1590-3.jpg



12月29日 (木)  このところ寒い日が続きました

東京に刺激を貰いに行ってきました。
東京も二カ月ぶりです。
東京に行くとどこが不景気なのかと思うほど、人も多く賑やかです。
若い人もいっぱい!!!活気が有りますね。
地方は私から上の方がほとんど、スーパーに行ってもどこに行っても若いのは店員さんぐらいです。
今回の目的は浅草の「コシダカシアター」。
復活!昭和歌謡「エノケン、笠置のヒットソングれヴュー」
を見てまいりました。
どのようにお客様に楽しんでいただいているのか参考にしようと。
主人の前の席の方が、とてものりのりで。
とてもダンディーでおしゃれな方でした。
きっと若いころはバンド等を組んでいたのか楽器をなさっていたのか?
そのような感じの方でした。
終わった時は一人立ち上がりスタンデング オ―ベ―ジョン・・・・。
楽しそうでした。
もちろん我々も楽しかったです。
舞台の団員の方々がそれはそれは、一生懸命に歌っておどって、子供の頃は宝塚歌劇が好きで、良く見に行きました。
あのような人数が多くもなく華やかさはありませんが、それゆえにお客様を楽しませようという気持ちが充分に伝わってまいりました。
娘は20歳で昔の歌はほとんど、(実は私も知らない歌もありますが)知りませんが楽しかったようです。多分に前のノリノリの方の影響もありますが、今度は夜の部のショーを見に行こうと思っております。
あの一生懸命さは良い刺激になりました。
私も頑張ります!!
後今年も3日早いものです。
今年、雑木の高い枝を切り払ったところの藪椿です。 
日が良く当たるせいか今年は早く咲き初めました。

1591-1.jpg 1591-2.jpg 1591-3.jpg



12月31日 (土)  大晦日

先程、ご宿泊の(キャンプの)皆様との楽しいビンゴ大会の集いが終わりました。
最後に子供たち皆交えて「歓喜の歌}を大合唱しました。
ドイツ語?と日本語で一生懸命に子供たちも歌ってくれて、それは、それは盛り上がり、ほのぼの度では日本一の楽しい「喜びの歌」だと思いました。
明日は元旦です。
世界に、日本に、皆様に良い年が訪れますように。
千両、万両、

1592-1.jpg 1592-2.jpg 1592-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2011/12
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

前月     翌月