花野辺の里だより   2006年 7月
メニューに戻る
7月1日 (土)  柏葉紫陽花

柏葉紫陽花いろいろ

52-1.jpg 52-2.jpg 52-3.jpg



7月2日 (日)  花野辺の里入り口からの景色

小さい竹林を抜けますと小さな赤い橋がかかっております。
こちらで行く手を見上げますと杉の門番が偉そうにそびえ、その向こうに私の大好きな紫陽花が見えております。
この時期は紅葉の下草の黄金笹がとても美しいです。
紫陽花も見ていただきたいですが、何気なく熊笹や、黄金笹にも足を留めて見てくださるとうれしいです。

53-1.jpg 53-2.jpg 53-3.jpg



7月3日 (月)  恵比寿様へ

橋を渡り紅葉林と杉林の下草に紫陽花とりどり今年は皆様よりたくさんのお褒めのお言葉を頂き、紫陽花たちも花高々でした。
私の低い鼻もほんのちょっぴり高くなりました。
ますます「よ〜し 日本一になるまでがんばるぞ〜」65歳の友チャンも「そうですよ、だいじょうぶですよ!」燃えている私と友ちゃんの会話でした。

54-1.jpg 54-2.jpg 54-3.jpg



7月4日 (火)  今日、友ちゃんはお休み

7月3日久々に65歳の友ちゃんが今日お休みを取りました。
この時期は、梅の収穫、梅干作りに梅酒作り、草取り、花のセンテ等など仕事に追われてお休みもなくきましたが、さすがに元気者の友ちゃんも夕方になると疲れがどっと見えてきました。
「2日続けて休んでいいよ」
と声をかけていたのに、園内で花の名札をつけていた私を探し、木漏れ日広場の雑草を見て
「しばらくここに こなかったら おえね〜こったなーこりゃ休んでいられねーぺね〜」
「ほんとにね〜私もさっきから花の名札付けより草取りばかりして少しも進まないのよ」
といいつつ、二人とも草取りの手は休めず「パパが草と利息は(借りたお金の)寝ることを知らないっていたらけどほんとに毎日毎日どんどん伸びて早いよね〜、でも 友ちゃん、いいよ休んでも、夏休みが控えてるからこれからが大変だから、いいよ」
「すいませんね〜」
と本当に申し訳なさそうにする友ちゃんでした。
うちのスタッフは、どの人も本当に皆、素朴で、明るくて、頑張りやさんです、ありがたいことです。
そんなフッタフに見守られてもう時期カサブランカが花開こうとしております。
是非、ご来園ください、また開花状況はアップさせていただきます。


55-1.jpg 55-2.jpg 55-3.jpg



7月5日 (水)  くちなしの花がとても甘い香りでした

7月4日です。
夕方園内の整備に出かけましたらくちなしのよい香りが漂ってまいりました。
花嫁衣装のような暖かく清楚な白い花びらをそっと我々に見せてくれました。
デジカメを持っていなかったので明日アップいたします。
その時期のの花の咲きはじめを見るのはこの上なく楽しいことです。
「あ〜花野辺の里を開園してよかったな〜」としみじみ思える瞬間でもあります。
紫陽花はまだまだ美しさを競い合っております。
明日も水曜日(7月5日)ですが営業いたしておりますお出かけください。

56-1.jpg 56-2.jpg 56-3.jpg



7月6日 (木)  水無月紫陽花 カサブランカ

水無月紫陽花、カサブランカ 、姫緋扇水仙のお写真をご覧ください。
とても雨が強くふりました。
皆様のところはいかがでしたでしょうか。
いつも程な雨でしたらうれしいのですが、被害を聞くたび胸が痛みますね。
私も昨夜は3時ごろ見回りました。
いつも被害などないですが、やはり草木のことが心配になります。
台風も近づいてくるようですね、どうぞお気をつけてお過ごしください。

57-1.jpg 57-2.jpg 57-3.jpg



7月8日 (土)  七夕さまでした

昨日は七夕の宵でしたが、今年は彦星と織姫の出会いはどうでしたのでしょう。
日本のどこかで、雲の切れ目があればことにより逢えたかもしれませんね。


7月9日 (日)  カサブランカ色々

カサブランカが大輪の花を咲かせております。

59-1.jpg 59-2.jpg 59-3.jpg



7月14日 (金)  香りの協奏曲です

くちなしの花が満開になり、カサブランカと合わさり香りがとてもすばらしいです。
皆通りあるかれたお客様が、感嘆の声を上げられておりました。

60-1.jpg 60-2.jpg 60-3.jpg



7月20日 (木)  咲きました

見事に咲き始めました。
つぼみのときに数えましたら70ありました。
どのように咲くのか全部咲ききるのか、どうなのでしょうね。

61-1.jpg 61-2.jpg 61-3.jpg



| 1 | 2 |
2006/7
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月