花野辺の里だより   2007年 10月
メニューに戻る
10月4日 (木)  お天気が良くなりました

久しぶりの青空ですね。
この1・2週間は来春の菜の花のため、草取りや土を耕す毎日です。
10月中には全部撒き終わらないと遅れてしまうので、お日様と競争です。
日が落ち始めるのが早くなりました。
9月のはじめの大きな台風の為、コスモスがだめになってしまったり、園内の木が倒れたり折れたりと事後処理で外仕事ずいぶん遅れしまいました。
ようやくここに来て、園内がコザッパリなってきました。
9月中はとてもきれいな白萩でしたが花が終わると とたんにうっとおしく感じるものです。
 切ってあげましたら、桜の葉なども落ちたせいか園内がとてもすっきりいたしました。
 先日、草刈をして立ち上がったとき「秋になった」と実感したひと時がありました。
なんとなく周りの景色が赤く絵の具を流したように感じられ、この感覚が秋を感じさせたのかな、などと思いながら、又草刈をした後を大地を耕し始めました。
自然とともに生きるかな?それとも自然に生かされているのかな?いつか私自身も自然の懐に抱かれて眠りにつくときどのような感覚でいるのかな・・・などなどと、一人 哲学者もどきに、気がつきましたら足元も見えなくなるほど日が落ちておりました。
池の周りの宮城野萩とホトトギスです



252-1.jpg 252-2.jpg 252-3.jpg



10月6日 (土)  桜が咲きました

十月さくらと春に咲く仙台枝垂れ桜が狂い咲き
ひっそりと枝先に花をほころばせました。

253-1.jpg 253-2.jpg 253-3.jpg



10月12日 (金)  野ボタン

紫の野ボタン。
その散った花びらがとても美しく感じましたのでパチリとシャッターを押しました。
映像で分かりますでしょうか。

254-1.jpg 254-2.jpg



10月13日 (土)  金木犀のかおり

園内を散策いたしますと、そこ、ここで良い香りが漂っております。
金木犀は今が最盛期ですね。
花はそんなに見栄えはよくありませんが、この香りはすばらしいですね。
香りの良い 花、木は色々有りますがどの香りもその季節の合うような気が致します。
初春の頃は日本水仙、蝋梅、その後は梅の花々、桜もほんのり香りますね。
4、5月になると、おがたまの木、沈丁花、6月はゆり、くちなしの花 山百合は遠くまで芳香が漂います。
7月はカサブランカですね。
8月は何かありましたかしら、9月の花も香りがすばらしいものはないようですね。
10月になって金木犀です。
香りで四季を感じることが出来る私どもはシアワセですね。
毎日、来春の菜の花の種まきしながら、自然の贈り物を満喫いたしている毎日です。

255-1.jpg 255-2.jpg



10月14日 (日)  日本水仙と椿

日本水仙があちらこちらで顔を覗かせております。
早いものは11月で咲き始めてしまいますが、今年の冬はどのような寒さなのでしょう。
雪便りもちらほらとテレビから流れてきます。
今年の夏は暑く残暑も厳しかったですよね、でも気がつきましたらドウダンつつじや、柏葉紫陽花の葉が紅葉をし始めております。
季節の移ろいを秋は特に強く感じますね。
皆様はどうお感じになりますか。

256-1.jpg 256-2.jpg



10月15日 (月)  夏の名残を感じる花

芙蓉、エンジェルトランペットです。
白の秋明菊が秋の空に良く似合います。

257-1.jpg 257-2.jpg 257-3.jpg



10月16日 (火)  狂い咲きかな?

桜の花があちらこちらで咲いておりますが季節を間違えた花はとても小さく寂しげですね。
その点、金糸梅は元気です。
つぼみもたくさん持って、この土地にあっているのでしょうか。

258-1.jpg 258-2.jpg



10月19日 (金)  ホトトギスの景色

七福神の寿老人の足元に咲くホトトギスが風情がありとてもいい感じでしたので3カット。
いかがでしょうか。

259-1.jpg 259-2.jpg 259-3.jpg



10月20日 (土)  宮城野萩 本日の景色

まだまだ見頃は続きます。
お出かけくださいませ

260-1.jpg 260-2.jpg 260-3.jpg



10月22日 (月)  秋らしい良いお天気が続きます

すごしやすい季節になりました。
秋の日に照らされて秋明菊の白さが一段と美しく目に映ります。
八重の秋明菊もいかがですか。

261-1.jpg 261-2.jpg 261-3.jpg



| 1 | 2 |
2007/10
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月