花野辺の里だより   2007年 8月
メニューに戻る
8月1日 (水)  水無月紫陽花

夏の花はすっきり咲いてくれる花が美しく感じます。
いかがでしょうか。

237-1.jpg 237-2.jpg



8月22日 (水)  ご無沙汰申し上げました

百日紅、おみなえし
すっかりごぶさたをしてしまいました。
暑い暑い夏になってしまいましたね。
夏の間の花野辺の里はキャンプンのお客様でにぎわいます。
キャンプのお客様方はみな若いご家族が多く元気パワー全開です。
また春の頃お花を観に来られたお客様が息子さんのご家族と見えられました。
「ご感想は?」とお伺いいたしましたら「寝るときは少し体にきつかったが、それもそれなりに楽しかったよ」と、また「夜の雰囲気は最高だね」とも
都会に住まわれている方々は、あまり空を見上げることもないのでしょうね。
「ここにいるとズーット眺めていたい気分になります」と夜空を見ている方が多くおられます。
信州の山々のように星くずの降る光景はなかなか見ることは出来ませんが、空を見上げたときの視界の広さが星の瞬きを美しく演出してくれます。
燃える薪の炎のゆらめきも、そんなひと時に興を添えるのでしょうね。
日中は、お子様達に喜んでいただけるようにイベント広場にて紙飛行機、靴とばし大会など行いましたが、まあその暑いの何のって半端な暑さではありませんでしたね。
しかし、今年は各所で40℃を超えたとニュースになりましたが、それを思うとまだこの暑さは我慢のきく暑さなのかと思いつつイベントを遂行いたしました。
秋風の立つ頃などと、お便りを早く書き入れてみたいものです。
9月にはいっても暑さが続くそうですね、皆様もお体をご自愛くださいますよう。
この酷暑を○○パワーで乗り切りましょう。
もう そこかしこの草陰に秋の虫たちが姿を見せ始めております。
萩の花も今か 今かと出番を待ち構えております。
風に揺れる草花の風情を忘れてしまいそうな残暑の厳しき夏のひと時にお便りをさせていただきました。

238-1.jpg 238-2.jpg 238-3.jpg



8月23日 (木)  青空と百日紅

この暑さの中でもこの笑顔です。
ともちゃんも私も白寿(99歳)の先を狙っておりますが、なぜか負けてしまいそうな気が致します。
皆さんも頑張ってくださいね。
今年は百日紅の花がどれも綺麗に咲きました。
キャビンのテラスから見た景色です。
お客様はのんびりのどかに外を眺めておりました。

239-1.jpg 239-2.jpg 239-3.jpg



2007/8
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月