花野辺の里だより   2008年 5月
メニューに戻る
5月1日 (木)  紅葉ばやしとせせらぎ

4月30日
恵比寿門の紅葉の景色、赤いのむら紅葉と小川のせせらぎのお写真。
うぐいすの声が鳴り響き、夕焼けのなかの一人撮影かいでした。

382-1.jpg 382-2.jpg 382-3.jpg



5月1日 (木)  逆光でしたが

4月30日
夕日の頃くちなしの露地から撮ってみました。
自分ではとてもよいと思っていますがいかがでしょうか。
後は露地の野草小さい葉が自分の存在をいい形で主張しているような気が致します。
都忘れが咲きそろってまいりました。

384-1.jpg 384-2.jpg 384-3.jpg



5月2日 (金)  今日は雨模様

GWは明日からが本番、その前にありがたいお湿りかもしれません。
植物にとってとても嬉しい慈雨となりますね。
明日は生き生きと葉の上に玉のようなしずくをたたへ お日様とともに輝きを増すことでしょう。
アイリスはアヤメ科です、名前がアイリスと西洋風ですね、でも日本の里山の景色にとてもよく合います。
新緑につつじの赤やピンク、アイリスが加わると
さらに彩が華やかになり、映えますね。
明日の朝がとてもたのしみです。
先日、スイスのジュネーブからお見えいただきましたお客様「トレビアン」とたいそう喜んでいただけました。
わたしも「オートレビアン!」と
なんかこれでよかったかと思いましたが、さらに抽選会でも「オートレビアン!」
皆で笑いながらまたまた「オートレビアン」
急にあなたと私の合言葉となりました。
言葉は通じなくても笑顔は万国共通ですね。
空木、つつじ色々、アイリスの景色です。
いかかですか、とってもトレビアンじゃないですか。

385-1.jpg 385-2.jpg 385-3.jpg



5月2日 (金)  雨の中で撮影してまいりました

四方八方へ香りが漂い、お客様がどこからこの香りが流れてくるのか皆様がお尋ねになります。
このおがたまの木の花がその正体です。
甘く気品高い香りです、ご来園いただきましたて何か良いかおりがしてきましたら、探してみて下さい。
五色やなぎもとてもさわやかに風と戯れはじめました。
季節は本当ありがたいものです、次から次に自然の織り成す景色をたのしませてくれますね。

386-1.jpg 386-2.jpg 386-3.jpg



5月3日 (土)  5月の花

おおてまり、しらんとかきつばた、ムラサキツユクサです

387-1.jpg 387-2.jpg 387-3.jpg



5月4日 (日)  五月の花

シャガのアップ、えびねは今が盛りです。
色つき始めました紫陽花ひとつ

388-1.jpg 388-2.jpg 388-3.jpg



5月6日 (火)  花移り行く頃

山つつじ、シランとかきつばた、紫色のアヤメです。
アヤメの奥には、五色やなぎ(白露にしき)と水車の景色実によくすべてがマッチングしているような気が致しますね。
景色この季節は次から次へと色々な花が咲き始めます。
すずらんはもう純白の花鈴から少しベージュがかってきました。
次の睡蓮や、花菖蒲とバトンタッチですね。
今日は睡蓮がひとつ花開きました。

393-1.jpg 393-2.jpg 393-3.jpg



5月7日 (水)  都忘れは目立ちませんが

このさわやかな新緑の紅葉が主役でしたら、それを最高に引き立てる助演女優賞をもらえそうですね。
いかがですか。

390-1.jpg 390-2.jpg 390-3.jpg



5月8日 (木)  今日の都忘れ

お帰りになる時の散策路の景色

391-1.jpg 391-2.jpg 391-3.jpg



5月9日 (金)  今日の都忘れ

帰路の都忘れです。

392-1.jpg 392-2.jpg 392-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2008/5
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

前月     翌月