花野辺の里だより   2009年 8月
メニューに戻る
8月1日 (土)  葉月のころ

八月に入りました。
今年は暑さがあまりなく毎日に仕事は楽で有難いな等と思っておりましたら、野菜物が日照不足だそうですね。
草花などには影響などはあまりないようですが、寒い時は寒く、暑い時はあつく、雨の降る季節は雨が、例年なみ、それが一番ですね。
葉月と書くといかにも青々と草木がしげり、万緑の景色のような気がしますが、8月の声を聞くと桜の葉などはちらほらと黄色くなり、一枚一枚風に吹かれて散っていきます。
桜の葉が一番先に秋の気配を感じるのでしょうか。
始めてそれに気がついた時は、桜の木が皆枯れていってしまうのかと心配したものですが、他の所の桜も同じように葉が黄色くなり散り始めておりましたので、あ〜こういうものかと分かった次第です。
皆さまはご存知でしたか、落葉樹はもみじが一番最後に晩秋の里を飾り役目を終えて散っていきます。
この年になって気づいたものが沢山あります。
世の中知らない事多いいですね。
ホトトギスの写真です。
秋には秋が似合う花ですね。

673-1.jpg 673-2.jpg 673-3.jpg



8月3日 (月)  大菩薩花

左の写真はアメリカ芙蓉です。
後の2枚は大菩薩花、とてもよく似ておりますね。
ハイビスカスを和名で菩薩花と名がございます。
その大輪なので大がついて大菩薩花ですね。
ハイビスカスというとすぐハワイのイメージがありますが、インドが原産と何かの本に書いてありました。
蕾も迫力がありますね、でもこんなに華やかにさいても、一日花で明日には消えゆく身です。
美人薄命のお花なんですね。

674-1.jpg 674-2.jpg 674-3.jpg



8月4日 (火)  雑草

雑草を抜いても刈っても一週間程で又土から むさむさと生えてまいります。
そのしぶとさとに完敗しそうな気がします。
しかし見方を変えると、また新たな発見があるものです。
雛人形館のまわり、水やりがしやすいところにサンパチェンスを沢山植えとってもきれいです。
しかし、毎日水やりが欠かせませんし、陽の盛りになると元気なくお花もしょんぼり。
その点この名もない花はピンとして、元気ですよね。
葉や花から水分があまり蒸発しないようにこじんまりとして、他の雑草も同じような形をしてました。
やはり自然が淘汰を繰り返し今に至ったものは、のこるべくして残っているのですね。
今日の嬉しいこと。
何年か前にアルバイトをしてくれた、タンちゃんが、可愛らしい彼女を連れて訪ねてくれました。いつもとても真面目に仕事に取り組み、疲れても「大丈夫です」としかいいません。
いまどき珍しい子でした。
花野辺の里の開園の年を前後した頃でしたので、木々の植え込みや植栽も一緒に手伝ってくれたので、開園から5年たった、木々の成長にもかなり感動してくれたようでした。
私のこの花野辺に対する想いも充分に分かっていてくれたので「よくなりましたね〜」と言ってくれる一言もうれしく胸にひびきました。
彼も彼の道を着実に進んでるようです。
若者たちの未来に乾杯です。
輝く笑顔を向けてかえっていきました。
「みんながんばれ〜」
私も暑さに負けずキャンプ場のおばさんとして頑張ります。
皆様も熱中症には十分お気をつけてお過ごしください。
懐かしい じゅづ玉、名前が分からない花

675-1.jpg 675-2.jpg



8月13日 (木)  お盆に入りました

皆さま方もお盆に入り、ご実家に帰られたりご旅行にお出かけになられている頃でしょう。
台風の被害はいかがでしたでしょうか。
夏場はキャンプ場がメインとなり7月からもう目まぐるしい忙しさに追われ花だよりも中々更新できませんでした。
そこにきてお盆前のミニ台風ハラハラドキドキでした。
お陰さまで大した事もなく草木の被害も、お客様方にも影響はございませんでした。
しかし、ところにより大雨の降ったところもあり
地震と合わせて気になるところでございます。
園内はいま大菩薩花が盛りとなりました。
とても長く咲き続けますので9月の白萩と合わせてお出かけくださいませ。

676-1.jpg 676-2.jpg 676-3.jpg



8月22日 (土)  ほっとする頃

暑さも先が見えてまいりました。
夕方になるとそれは涼しい風が吹いてまいりますね。
暑いさなかプールのメンテナンスをしたご褒美でしょうか。
花野辺の里のお客さまとガラッと違うキャンプのお客様の年齢層に 最近では持て余すことしきりです。
パワー負けしてしまいそうですが、まだまだと頑張っております。
さて、夏休みもあとわずか、初秋の風も山向こうから吹いてき始めて花野辺の里のよい季節になり始めてきます。
萩の枝も満を持して風にそよいでおります。
園内では芙蓉が咲き始め、大菩薩花と花競いをし始めますね。
お花が少ないのと、忙しかったのでご無沙汰が続きましたがまたしっかりと毎日更新を目指しますね。

677-1.jpg 677-2.jpg



8月24日 (月)  今日も元気に

大菩薩花、まだまだ楽しめそうです。

680-1.jpg 680-2.jpg 680-3.jpg



8月25日 (火)  もみじの木漏れ陽

がゆれ、西洋藤袴が秋になるよと囁くように咲いております。
やさしい藤色の花ですね。

679-1.jpg 679-2.jpg 679-3.jpg



8月26日 (水)  秋になりますね

コスモスと虫、青空と女郎花、名前のわからない小さな花です。

681-1.jpg 681-2.jpg 681-3.jpg



8月26日 (水)  ヤブラン

この夏休みの間、寿坂には一度もいけませんでした、やっとキャンプがひと段落いたしましたので、園内を少し見て回りました。
寿坂を登り始めましたら風の気持ちよいこと、「そうだ、すっかりヤブランを忘れていた」と中段まで来ると「よく来たね、夏はいそがしっかった」と斑入りの葉を揺らしてご挨拶をしてくれました。
すっかり、この夏の忙しさで忘れてしまったのが少し後ろめたく思いました。
夏の間、電話と予約台帳とのにらめっこで近場ばかり見ていたせいか、桜茶屋からの景色は大ご馳走でした。
林の中を吹き抜けるかぜ、これが本当の涼一味ですね。
それでも今年の夏は過ごしやすく有難い夏でしたが、近くの農家でも野菜がこの夏はよくなかったそうです。
すべてが良いとはなかなかなりませんね。

678-1.jpg 678-2.jpg 678-3.jpg



2009/8
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月