花野辺の里だより   2010年 3月
メニューに戻る
3月1日 (月)  弥生月

嬉しいお便りが届きました。
先日お見えくださったお客様、篠笛の音に郷愁をそそりますねとお喜び下さりました。
私が笛は有酸素運動にもなりますので始められたら如何ですかと申し上げましたら、「もう二人とも80歳ですよ、もうむりね」とお話し下さいましたが、物腰柔らかく表情がとても豊かな奥さまそしてご主人さまでとてもお若く目えました。
私も80歳を迎える頃にはこのようにゆったりとした物腰になれればよいかな等とあこがれます。
しかし、鍬やスコップを持っているほうが様になっておりますのでどちらかというと、明るい農村の元気なおばあちゃんのイメージでしょうか。
その優雅な物腰の奥様よりお手紙をいただきまして エコの形ではり絵を始められたそうで作品のお葉書を送ってくださりました。
可愛らしく花野辺の里のイメージで作品も作ってくださりました。
ハガキの書かれた一言一言が有りがたく嬉しい
お言葉でした。
人生って毎日毎日が素敵な出会いがあります。
またこのような出会いが出来る仕事に就きました私は幸せですね。
生涯この花野辺の里に訪れて下さる皆さまと共に花を愛で、そして語り、笑い、時々涙し、暮せますように・・・。
久しぶりの青空と河津桜のツーショットを

849-1.jpg 849-2.jpg 849-3.jpg



3月3日 (水)  今日は楽しいひな祭り

「あかりをつけましょ ぼんぼりに
  お花をあげましょ 桃の花
  五人ばやしの 笛太鼓
  今日はたのしい ひな祭り」

子供のころを思い出しますね。
私たちの育った時代は特別な日が日常の中にアクセントになっておりました。
お祭りや、お正月には新しいよそいきの服を買ったり、今では よそいきの服という言葉を使わなくなってしまいましたね。
毎年お正月には晴れ着の着物を着せてもらったりおひな祭りには姉と写真をお雛様の前で撮ってもらったりと一年の中に何度となく特別の日を皆で祝いました。
地域おこしのイベントや商業化されたお雛様のイベントも華やかでそれなりに良さは有りますが、子供のころ 家の中の床の間に飾り、雛あられを置いたり又お道具でままごと遊びなどしたこと
また着物を着て お友達とお雛様の踊りなどもおどり遊びました。
もう何十年もたったのですね。
追憶の彼方の光景となってしまいました。
今日河津桜に沢山メジロが来ておりましたのでシャッターを何回も押しましたが一枚も映って無かったようです。
でもきれいなのでアップいたしました。
ご覧くださいませ。
今日も嬉しいこと沢山ありました。
そのひとつをごご紹介、私の篠笛を聞いてくださりましたお客様が、笛を求めて練習なさっているお話しを以前書き込みさせていただきましたが本日お見えくださり、「たこタコ上がれ」と「ホタル」が吹けるようになられたそうです。
私は「鎌倉」と「青葉の笛」など吹かせていただきました二人で演奏できる日がとても楽しみですね。
また昨日は尺八を吹かれているとお客様がおしゃられ「私もこの場所で演奏してみたいので仲間と又来ます」と帰って行かれました。
ハーモニカのサークルの方もおられましたし楽しみです。
皆さまもデビューなさいませんか。
高台から谷や梅園を見降ろし房総の小さな山並み?を眺めて演奏するのは気持ちの良いひと時ですよ。

850-1.jpg 850-2.jpg 850-3.jpg



3月5日 (金)  雪柳もちらほら

朝方は寒く感じましたが日差しと共に温かくなりました。
雪ヤナギも出番が近くなってまいりました春の水仙と八重咲きの日本水仙と入れ替わる頃、温かくなり始めると3寒4温とよく言われますがまだ、3寒1温の様な気がいたします。
河津桜の最盛期は超えましたが花野辺桜と大漁桜がチラホラ咲き始めてまいりました。
まだ若木ですが私の腕ほどのを植えてから6年経ちました。
これからの成長は目を見張るものが有ります。
お客様が毎年楽しみとおしゃられて下さり有りがたい限りです。
今日笛で鎌倉を吹いてておりましたらご褒美を頂きました。
お客様がこの曲がとても好きだという事でとても喜んでくださいました。
お礼に竹炭の入った民芸かごをお渡し申し上げましたらとても喜んでくださり「御縁ができましたね」とにっこりされました。
日々絶好日です
明日はおてんきが怪しいですね。
でも降ってお日様が照ってくれるので植物にとってはいい春なのでしょう。
へなへなだった菜の花も元気いっぱい明るく輝いて蜂たちに「おいでおいで」しております。
菜の花の香は良い香りではありませんが、
「あゝ春!!!」という感じですかね。

851-1.jpg 851-2.jpg 851-3.jpg



3月7日 (日)  雨ふりが続きます

雨に煙る雛人形館前と菜の花
今日お琴と合わせて「雨が降ります雨が降る 遊びに行きたし 傘はなし〜〜」
と笛をと合わせて演奏してみましたが余りにもさみしげなので途中でやめました。
メロディーが好きでしたので吹き始めましたが、この雨模様に吹くと心の芯まで寂しくなるような気がしましたので「カット カット」と
すぐひな祭りにかえました。
でも、歌詞もメロディーきれいですてきな曲ですよね。
しみじみと子供のころを思い出しました。

北原白秋  雨

雨が降ります 雨が降る
あそびにゆきたし かさはなし   
紅緒のかっこ(下駄)も 緒がきれた 

雨が降ります 雨が降る
いやでもおうちで あそびましょう
千代紙折りましょ たたみましょう

雨が降ります 雨が降る
けんけんこきじ(子雉)が 今鳴いた
こきじもさむかろ さみしかろ

雨が降ります 雨が降る
お人形寝かせど まだやまぬ
おせんこ花火も みなたいた

雨が降ります 雨が降る
ひるも降る降る 夜も降る
雨が降ります 雨が降る

852-1.jpg 852-2.jpg 852-3.jpg



3月8日 (月)  マムシ草

根に毒が有るようですが漢方薬にも使われるそうです。
何年も刈らないように育てておりましたら群生してきました。
確かに鎌首をもたげたような形もしておりますが見方によりスらっとあか抜けた花のような気がいたしますが如何でしょうか。

854-1.jpg 854-2.jpg 854-3.jpg



3月8日 (月)  朝のうちは寒かったですね

咲き始めのマムシ草です。
咲き始めが変わっているので何点か撮ってみました。

853-1.jpg 853-2.jpg 853-3.jpg



3月8日 (月)  香りは心をゆるめます

ピンク色のゆきやなぎ、沈丁花。
道々に沈丁花の香りがふわりとたをだよってまいります。
水仙と沈丁花は香りも姿も良いですね。
お客様に「あゝいい香り」ほめられてピンク色に花を染め嬉しそうにな表情をしていませんか。

855-1.jpg 855-2.jpg 855-3.jpg



3月10日 (水)  雨上がりの花々 その3

雪柳も春本番の列車に乗り遅れないようにと連なって咲いてまいりました。
春の花列車はもうじき桜の便りと共に最盛期を迎えますね。

858-1.jpg 858-2.jpg 858-3.jpg



3月10日 (水)  雨上がりの花々 その1

雨が上がった後の日差しに輝く花々は格別ですね

856-1.jpg 856-2.jpg 856-3.jpg



3月10日 (水)  雨上がりの花々 その2

菜の花ととても忙しそうな蜂たち

857-1.jpg 857-2.jpg 857-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2010/3
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月