花野辺の里だより   2010年 8月
メニューに戻る
8月2日 (月)  大菩薩花

今年は少し遅れて咲いてまいりました。
サルスベリは一月も早く咲き大菩薩花は一週間ほど遅れました。
花々もこの暑さのせいか少しお疲れ気味で、夕方になると皆 急に息をしはじめる様な、あちらこちらで
「今日も厚かったわね〜」
「私のところは西日が差すから花の痛みがはやいのよ」
「あ〜一雨ほしいわね」
など会話しているような気がいたします。
今日もホトトギスがまだ鳴いておりました。
蝉もさまざまに負けずと鳴いております。
子供の頃は大好きだった夏が、今ではひたすら過ぎゆくのを待っております。
朝のうちは少し曇っておりましたのでコスモス畑を4人で草取りをしました。
雲が切れて陽が差すとフライパンにのった卵になった気分です。
しかし、皆の頑張りではびこりました憎々しげな雑草もなくなりましたが、コスモスも結構、一緒に抜けてしまいました。
来年は種を一面に蒔かないで30坪程度のところで育て移植をしようと相談しました。
菜の花を撒く時は秋から冬に向かう頃なので何とか雑草とも闘えますが、コスモスの種まきは4月から6月のころで毎年雑草に負けてしまいます。
ゆえにこの2,3年は、もうコスモスは程にと思っておりましたが、雑草取りなど一度もしたことが無い私の主人が、コスモスが大好きだと顔に似合わない事を云うもので、
「まあ、駐車場周り一帯全部を撒いてみようか」と撒きました。
しかし、しっかり肥料をやったせいか幾たびも雑草軍に敗退してしまいました。
また、最後の残りのコスモスの種をまいてみましたがどうなりますか。
良い有機肥料をたっぷり土にすき込みすぎましたね、何でも程というものが有るということを今回は身にしみました。
暑さで少し疲れ気味の独り言です。

1021-1.jpg 1021-2.jpg 1021-3.jpg



8月3日 (火)  星空

夜空を見上げて、子供たちに星座を教えているお父様がおられました。
私も子供のころ外に出たときは色々なことを父から教えてもらいましたが、その時は全くうるさいな〜〜などと思ったことも・・・。
柿木は折れやすいので登るときは気をつけるように、道に迷ったら高いほうに行くようにとか。
余り女の子向きのアドバイスは無かったような。
探検ごっこが大好きな子供でしたので、このようなことばかりいわれたのでしょうね。
この星座を教えてもらったお子さんも、きっとその時を懐かしく想うことが有るでしょう。
皆日々が思い出作りですね。
沢山の楽しい思い出を毎日作っていきたいですね。
今日もスタッフと沢山笑いました。
暑いので汗もいっぱいかきましたけど。
今日の汗が明日の喜びとなりますように・・・。
元気印のような数珠だまの草、暑くてもすました水無月紫陽花です。
この炎天下の中、水無月紫陽花は涼しげに咲いております。

1022-1.jpg 1022-2.jpg 1022-3.jpg



8月7日 (土)  睡蓮

見飽きることのない花の一つですね。

1025-1.jpg 1025-2.jpg 1025-3.jpg



8月7日 (土)  もみじの日傘の下で

撮りました。
清々しいもみじの葉、水面を飾る睡蓮とても素敵と写しましたがピントが両方にあいませんでした。

1026-1.jpg 1026-2.jpg



8月8日 (日)  暑さ本番

皆様いかがお過ごしですか。
キャンプ場の管理人のおばさんの役割を一生懸命しておりますが、時々バトンタッチをしたくなります。
バトンを渡す相手がいないので頑張っておりますが、年齢的に娘夫婦と孫たちが大挙して押し寄せてくるような感覚でなんともまあ・・・。
おされぎみですね。
でも、夏休みも中ほどになってきました。
毎年のことですが、お盆を過ぎると 毎日何百人もいたことが嘘のように、また潮が引くように人の波が消えていきます。
何やらさみしいのとほっとしたような気持ちになります。
そんな私の心模様など気にとめることもなく、今日も大菩薩花が青空のもと気持ちよく咲いておりました

1023-1.jpg 1023-2.jpg 1023-3.jpg



8月8日 (日)  大菩薩花

暑いですが是非ご覧になっていた頂きたいな〜〜と。

1024-1.jpg 1024-2.jpg 1024-3.jpg



8月12日 (木)  台風は日本海に

少しお天気がぐずつきましたが、適度な湿り気をいただいて、草木は生き生きしております。
西洋藤袴、終盤ののうぜんかずら、大菩薩花の後姿など。

1028-1.jpg 1028-2.jpg 1028-3.jpg



8月13日 (金)  お盆

になると少しずつ秋の気配がそこここに。
野ボタンも紫紺色も鮮やかに花開き始めて、萩などもちらほら。
夏の暑さはもうたくさん!!とおもってましたが、やはり何でも終盤を迎えるころになると少しさみしいような気になりますね。
季語で言うなら「夏惜しむ・・」というところですね。

1027-1.jpg 1027-2.jpg 1027-3.jpg



8月14日 (土)  台湾から来た実習生

台湾から毎年実践大学の学生さんが実習生として日本語の勉強を兼ねて研修にきます。
今年は途中参加でトマトちゃんも加わり三人でした。
女の子三人でとても毎日にぎやかに楽しくしごとをしております。
しかし、途中参加のトマトちゃんが16日から帰国の途に付きますので日本滞在の思い出に平安旅装束を着て記念写真を撮りました。
暑さも忘れ記念写真を撮るのに盛り上がりました。
何処の国でも女の子は晴やかな衣装に包まれたいものなのですね。
皆素直な素敵な女の子です。

1029-2.jpg 1029-3.jpg



8月28日 (土)  お久しぶりですね

8月も残すところあと4日となりましたが。9月も同じように猛暑が残るとか・・・・。
お盆明けてひと段落などと思っておりましたが、何の何の 毎日、毎日、植木の水やりに追われ 川からの取水ポンプのモータ―が焼けつき園内の散水は皆 人力となりました。
台湾からの実習生が本当に頑張ってくれました。
素直で明るく積極的な二人でとても助かりました。
日本のアルバイト生とつい比べてしまいます。
日本のように資源のない国の子供たちは頭脳と精神力で世界に出て行かなくてはならないのにとこの国の未来が心配になりますね。
政治はとてもおそまつですし、企業戦士と言われた団塊の世代は時代の一線から退き,年金生活となってきました。
大阪市の税収の半分は生活保護に出ていくそうです。
幼児虐待や様々な出来事が信じられない現実ばかり、そんな私の国を憂う気持ちをサルスベリは慰めてくれたよう。
気持ち良さそうに青空に枝先を伸ばしておりました。

1030-1.jpg 1030-2.jpg 1030-3.jpg



| 1 | 2 |
2010/8
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月