花野辺の里だより   2011年 8月
メニューに戻る
8月1日 (月)  蝉の抜け殻

をあちらこちらで見かけシャッターを切りました
二つ並んで仲良く脱皮した抜け殻なんて初めて。
地中にいるときから仲良しだったのかしら等と。
8月に入りましたね。
7月も後半が涼しく外仕事は捗りましたが、新潟や福島の方々大変でした。
災害・人災のニュースが余りに続きます。
このマイナスマインドに変化をもたらすきっかけがほしいですね。
子供たちや若者に明るく、希望に満ちた未来に歩んでもらいたいと切に願います。

1442-1.jpg 1442-2.jpg 1442-3.jpg



8月2日 (火)  紫式部と白式部の

可愛らしい花、正反対の大きな紅い大菩薩花。

1443-1.jpg 1443-2.jpg 1443-3.jpg



8月5日 (金)  紫陽花の十二単

紫陽花で一番の遅咲きの十二単ですが、この時期このように爽やかに咲いてくれて嬉しいです。
今年は少し雨もありましたので、時々おくばせながらと紫陽花の花が綺麗に咲いてくれます。
しかし、この時々雨もしばらくなさそうですね。

1445-1.jpg 1445-2.jpg 1445-3.jpg



8月6日 (土)  コスモス

コスモスも次々に咲いてまいりますが、秋風に揺れるコスモスと違い真夏日のコスモスは少し魅力にかけるような気がします。
早く秋になってくれることが待ち遠しいように咲いているような気がします。

1444-1.jpg 1444-2.jpg 1444-3.jpg



8月7日 (日)  蓮はもうおわってしまいましたが

睡蓮はまだまだ水面を飾ってくれます。
5月から8月いっぱい本当に息の長いお花です。
今年は睡蓮の池の面積も広げました。
来年には更に見応えがあると思います。
しかし今日も暑い暑い一日でした

1447-1.jpg 1447-2.jpg 1447-3.jpg



8月7日 (日)  睡蓮

額の汗をふきふき、池のほとりまで・・・。
この暑さ中を気持ちよさそうに浮かんで咲いている睡蓮。
「あ〜〜睡蓮と代ってもらいたい」とブツブツ
お天気予報は曇りなのに常に太陽が私の真上におってきます。
梅園の散水工事も終わりました。
夕がたから散水するとみな息を吹き返したよう。
あちこちから「良い気持ち、ありがとうね」の声が掛かっているようなきがします。

1446-1.jpg 1446-2.jpg 1446-3.jpg



8月8日 (月)  深紅の大菩薩花

深紅の大菩薩花が盛りとなってきております。
白やピンクなどもそれなりに良いと思いますが、やはりこの深紅の大菩薩花は、真夏の青空に映えますね。
しかし、わがままな花で肥料たっぷり、水分たっぷり、一見 茎も太く丈夫そうにですが、ちょっと風が強く吹くと枝の付け根が折れてしまいます。
花の少ないこの季節に咲いてくれる大事な花ですが手が掛かります。
しかし、気持ちよく大々と咲いております。
見応えのある花ですね。

1448-1.jpg 1448-2.jpg 1448-3.jpg



8月11日 (木)  蝉しぐれ

蝉の鳴き声がにぎやかななっております。
写真撮りや仕事で園内に行きますと、蝉があちらこちらから羽音をさせて飛び出します。
今年はカブトムシやクワガタは少なく、あとカミキリムシも同じように少なかったですね。
なぜか蝉が異常に多いいような気がします。
暑い暑い日々、東京近郊のお客様方は、ここも日中は暑いけど、耐えられる暑さ。
家の方は(東京近郊の)耐えられない暑さと・・。
言っておられました。
もうじきお盆です。
このお盆が明けるころ初秋を感じることが出来る風が吹いてもらいたいですね。

1449-1.jpg 1449-2.jpg 1449-3.jpg



8月12日 (金)  この暑い日差しを

大菩薩花は、この日差しが大好きとばかり、元気良く咲いております。
サルスベリも咲き始めました。
夏には夏の花が良く似合いますね。
明日からお盆となります。
渋滞の中、帰省される皆様本当に大変ですね。
道中お気を付けて。

1450-1.jpg 1450-2.jpg 1450-3.jpg



8月13日 (土)  お盆ですね

暑いので余り暑さを感じないお写真をアップいたしました。
竹林が秋に向かい美しくなり始めます。
笹の葉も黄緑色が夏の陽ざしの中でも涼しげに揺れ、歩きながら砂利を踏む音も心地よく聞こえます。
しかし、ささやかな川の流れの水音が今日は聞こえません。
雨が全くないので細い水筋ぐらいの流れです。
勝浦では一雨さーっと降ってほしいところです。
体力のある学生アルバイトに三人で毎日炎天下の水やりをしてもらっています。
彼らは大したもんです。
元気に太陽に負けない笑顔で仕事をしています。
「いまどきの若いもんわ・・・・」
何て言ってはいけませんね。
その彼らも大学3年生です。
就職との問題が目の前にあり、これから厳しい人生の門出となりそうです。
来年、「おめでとう」の言葉を彼らに言って上げる事が出来るような状況になってもらいたいと思います。
国際社会の経済状況も何やら難しそうです。
日本丸の航海のかじ取が出来る船長は、いないものでしょうか。
この日本は行き先の定まらない、大海原の中を漂う船のようですね。
国家100年の計と言う言葉を、私の若い頃は何回も耳にしましたが、最近聞いたことが有りませんね。
こう政治が貧困ですと毎朝、新聞を読む気がしなくなります。
皆様はいかように思われますか。
今日写真を撮りながら、ふと この暑さの中、気持ちの良く仕事をしてくれる学生たちの未来を案じてしまいました。

1451-1.jpg 1451-2.jpg 1451-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2011/8
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月