花野辺の里だより   2012年 3月
メニューに戻る
3月1日 (木)  背景の青空がほしいですね

そのような私の思いなど知ってか知らずか、静かに咲いておりました。

1634-1.jpg 1634-2.jpg 1634-3.jpg



3月1日 (木)  お天気予報では

温かくなると言っていたような気がしましたが・・・。
曇天模様の一日でした。
景色が余りに変わらないので、ちょっとお便りも休みがちで申し訳ありません。
しかし暦も3月になりました。
すぐそこの戸口まで来て足踏みしている春も、きっと「もう三月になったのか〜〜〜」と気ずいてくれることでしょう。
梅も三月の声を聞いたのか少しずつ、少しずつ
可愛らしい表情を浮かべて咲き始めてくれました。

1633-1.jpg 1633-2.jpg 1633-3.jpg



3月1日 (木)  蕗のとう

時はまず足元から流れているのかしらと

1635-1.jpg 1635-2.jpg 1635-3.jpg



3月6日 (火)  春の使い

可愛らしいメジロ達が咲き始めました河津桜の蜜を吸いに訪れてくれました。
嬉しい訪問者です。
毎日お客様のお問い合わせに「もうじき、あと一週間、10日、温かい日が4,5日続きましたら」等と2月いっぱい申し上げていたような気がいたします。
もうそれもこの二日の温かさで変わりますね。
お天気さまさまです。

1636-1.jpg 1636-2.jpg 1636-3.jpg



3月6日 (火)  メジロと雨上がりの青空と白梅

例年ですと一月前の景色ですね。
メジロが忙しく花から花へ飛び交っている様を暫く眺めておりました。
春になると当たり前の景色が、今年はとても嬉しく幸せな気分で眺めることが出来ました。
不足の何か出来事などがあって初めてありがたみがわかるものです。
昨年の震災で十分に経験しても、今日が明日に 当たり前に続く様な気持ちになってしまうものですね。
今日のメジロは本当にしあわせの神様のお使いのような気がいたしました。
安らかな心持ちのひと時を感謝!!いたします。

1637-1.jpg 1637-2.jpg 1637-3.jpg



3月8日 (木)  花野辺の雪景色

私のホームページの写真から抜粋してくださり素敵な作品が出来ました。

「ひらきたる ホームページに 雪景色
    趣き変わる 花野辺の里」

「降り積り 解けゆくまでの 束の間を
   花野辺の里に 雪さくら咲く」

この雪げしきの後、お二人でお見えくださったのですが、儚きかな あっという間の銀世界でした。
ご覧頂けなくて残念ですが、このようなお天気の悪い時におでかけいただくことのほうが心配です。
もうあれから一月半ですね。
足元にはスミレ等もひらひらと・・・・。


1638-1.jpg 1638-2.jpg



3月10日 (土)  見驚

見驚の梅も咲き始めました。
この見驚は本当に毎年花を沢山付け、お客様方とお写真によくおさまっております。
まだ一分咲きほどですが、満開を迎える頃、それはそれは見事です。あと一週間程でしょうか。
黄色の水仙や仏の座等も。

1640-1.jpg 1640-2.jpg 1640-3.jpg



3月10日 (土)  桜茶屋の河津桜が

五分咲きほどに・・・・。
雨に打たれ、雫を花の周りにいっぱいつけてそれでも何か嬉しげな様子の桜の花。
どんなに寒い冬でも春はめぐってまいりますね。

1639-1.jpg 1639-2.jpg 1639-3.jpg



3月12日 (月)  お客様が撮ってくださりました

私の晴れ姿です。
「馬子にも衣装」・・・。
等軽く言ってくれると私もアハハとかるく笑えるのですが
主人が「お婆にも衣装とわよくいったものだと」
・・・・。
まあ何を言われても気にもなりませんが、反射板を使って下さってそれなりにいい感じと私は気にいりましたのでアップさせて戴きました。
有難うございました。
うれしかったです。

1641-1.jpg 1641-2.jpg 1641-3.jpg



3月15日 (木)  日本水仙とマムシ草

とても遅く咲いた日本水仙とグいっと出て来ましたマムシ草です。
季節が間違えたかのようなおかしい取り合わせです。

1648-1.jpg 1648-2.jpg 1648-3.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |
2012/3
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

前月     翌月