花野辺の里だより   2012年 5月
メニューに戻る
5月1日 (火)  甘く良い香りの招霊の木

今年も沢山蕾を付けておりますので、きっと長く辺り一帯良い香りをさせてくれることでしょう。
斑入りの空木もこれから華やかに咲きこぼれます。

1730-1.jpg 1730-2.jpg 1730-3.jpg



5月1日 (火)  つつじの

胡蝶の舞という種類です。
山吹の花と釣り合うように入れてみました。
お互いに引き立て合い初夏変わるこの季節里山の華やぎになっております。

1728-1.jpg 1728-2.jpg 1728-3.jpg



5月1日 (火)  アイリス

里山は新緑に包まれ、その新緑によく合う花々が咲くものだと感心します。
若緑の中にスラリとアイリスが、爽やかさが倍増します。

1727-1.jpg 1727-2.jpg 1727-3.jpg



5月1日 (火)  山吹

五色ヤナギとつつじ色々と

1729-1.jpg 1729-2.jpg 1729-3.jpg



5月2日 (水)  エビネ

朝まだ雨の降らない間に写真をとりました。
静かな優しいたたずまいに、このエビネの花のファンの方も多くおられます。
立ち上がる花なので、この後の風雨が強くない事を願います。
明日は雨も上がり、連休もどうやら お天気が何とかなりそうな気配です。
よかったですね。

1732-1.jpg 1732-2.jpg 1732-3.jpg



5月2日 (水)  布袋様の前の胡蝶の舞と

アイリスと。

1731-1.jpg 1731-2.jpg 1731-3.jpg



5月5日 (土)  子供の日

でしたね。
爽やかさを通り越して夏日に近いような日でした。
もみじの新緑を抜ける風は心地よく、足元のスズランも爽やかにベルを鳴らしているかのよう。
お写真をとられる方も丈が小さいので撮りにくそうです。
地面にお顔をつけて熱心に撮られている方もおられました。
私も夕陽が差しこむ時間でしたが地面近くに顔をよせて撮ってみました。
トンボも丁度止まってくれたのでパチリ、トンボなどはいいのですが、その他の虫たちも活発に動き始めており、朝に夕に毛虫退治等にに追われます。
これからは更に更に、花咲お婆さんの忙しい時期になります。
園内の紫陽花も皆、準備が整ったようあと少しで紫陽花色に里山が染まります。

1734-1.jpg 1734-2.jpg 1734-3.jpg



5月5日 (土)  スズランの表情

皆同じように咲いているスズランですが、写真の撮り方で少しずつ雰囲気が違うような気がします。

1733-1.jpg 1733-2.jpg 1733-3.jpg



5月9日 (水)  五月の連休が怒涛のように過ぎて

気がつくと睡蓮が池いっぱいに広がり、あちらこちらに花開いておりました。
風は初夏の香り。
もみじの新緑葉あっという間にフサフサト木陰を作り、どこもここも見通しが利かなくなりました。
「酸素濃度の高い里山ですね、呼吸が楽ですよ」と、私は????ほんとかしらと思いましたが、お客様がそのようにおっしゃられておりました。
もみじの木陰が風に揺れ、木漏れ日の中お客様方の声が聞こえます。
「ウグイスの声、!!!すごいわね」
「ほんもの???」
「新緑ってもみじが一番いいわね〜〜〜」
そして歌声も、「あざやかな みどりよ〜〜♪〜♪ あかるい 緑よ〜〜」
 私の笛に合わせてお声が聞こえてきました。
お客様と楽しいお話しをして、ご一緒に琴の伴奏で歌をうたい、爽やかな、穏やかな 今日も一日でした。

1736-1.jpg 1736-2.jpg 1736-3.jpg



5月9日 (水)  土池の中の清らな睡蓮

黄色の菖蒲とアザミの花、池に姿を映して睡蓮の花。

1735-1.jpg 1735-2.jpg 1735-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2012/5
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月