花野辺の里だより   2013年 11月
メニューに戻る
11月1日 (金)  ツワブキの花と紫式部の実

野の紫式部の実は園芸種とちがい今色が紫に。
とても静かな里山の晩秋にまさに語りかけるようなたたずまい。
里の秋は深まりゆきます。

2081-1.jpg 2081-2.jpg 2081-3.jpg



11月1日 (金)  季節の花は移りゆきます

10月に入っても暑い日には蝉の声がしておりました。
季節を間違えた虫の声はなぜか寂しげに聞こえます。
そんな蝉の声がまだ耳の底に残っておりましたが、早 冬椿の花がふっくらと蕾を開き道々に色を添え始めました。
 雪便りもちらほらと秋は瞬く間に過ぎてゆきました。

2079-1.jpg 2079-2.jpg 2079-3.jpg



11月1日 (金)  ツワブキ

の黄色の花がひと際目立ちます。
園内のはなが無くなるころ、こんな時こそ私が頑張らなくてはと、力強く咲いてくれるうれしい花の一つです。
蜂も最後の花を求めて大変ですね。
無心に蜜を吸っておりました。

2080-1.jpg 2080-2.jpg 2080-3.jpg



11月5日 (火)  山茶花と青空と飛行機

を写したつもりでしたが、飛行機があまりにも小さく、遠くを飛んでおりましたので。
でも景色としてはとてもこ心地よいひと時でした。
連休中お天気が崩れて子供たちの遊びがなくかわいそうでした。
キャンプの宿泊に見えたお客様と、ゲームの「猛獣狩りに行こう」や輪投げ大会などをして、雨が上がった後楽しみましたが、やはりこの青空がほしかったですね。

2084-1.jpg 2084-2.jpg 2084-3.jpg



11月5日 (火)  さざんか

冬の花が次々と、咲き始め訪れる寒さの前奏曲を奏で始めたよう。
 晩秋のすみきった青空によく映ります。
一番素敵な山茶花を写してまいりました。

2083-1.jpg 2083-2.jpg 2083-3.jpg



11月13日 (水)  日本水仙と十月桜

今年は水仙が早いですね。
ちらほらと道々に。
とても地味な十月桜とアップしました。
春と10月から11月に咲くのですが目立ちませんね。
でも普通の桜と違いず〜〜〜〜っと長い間咲いております。

2086-1.jpg 2086-2.jpg 2086-3.jpg



11月14日 (木)  お便りをいただきました

今日は本当にうれししいお便りをいただきました。
もちろん皆様から頂くお便り、どれもうれしくありがたく拝見させていただいております。
また私の美しい姿の??のお写真もお送りいただいてそれはそれはいつも感謝申し上げております。
が、今回いただいたお便りは特別でした。
今年の6月にご来園いただいたお客様からのお手紙です。
2日間続けてご来園いただきましたので記憶に残っておりましたしお言葉も交わさしていただきました。
とてもお元気なようすでしたが、お手紙ではその後病院の検査にて脳腫瘍が発見されたという事です。
最初の脳外科病院ではもう手術ができないといわれてしまい、死を覚悟いたしましたと書かれておりました。
その後、紹介された東京医科歯科大学で、生命にかかわらないで手術が出来ると言われ、手術してこの夏過ぎに退院できたそうです。
まだ若干取りきれなくて放射線などの治療をするそうです。
体力が来春ぐらいには戻りそうなのでその頃コッソリとご来園してくださるそうです。
 この花野辺の里に行くことがとても楽しみ、そして私の笛を又聴きたいとお手紙が結ばれておりました。
このお手紙を主人に渡しました、あの頑固者の偏屈さんが最初は嗚咽・・・そのあと涙を流して、ああ助かってよかったと本当に良かったと何度も何度も繰り返しました。
そのように皆様に思っていただける花野辺の里を一生懸命守りたいと思っております。
私も読み終わりました後、ひな人形館の一番近くの七福神様に手を合わせに参りました。
あとは早く回復なさり健康を取り戻してもらいたいですね。
 どんな花にも名前があるとお客様がおしゃりました。
足元の目立たない花ですが姫つる草です

2085-1.jpg 2085-2.jpg 2085-3.jpg



11月18日 (月)  山茶花の道

今日は風が強かったですが日差しは暖かでした。
虫たちも冬に向かうので忙しそうです。
数少ない花を探しながら飛び回っております。
山茶花の花が気持ちよさげに日なったぼっこしております。
風がなければ長閑な小春日和という言葉がぴったりでした。
明日からは寒くなるようですね。
皆様も寒暖の差が激しくなると体調も崩しやすくなりますお気を付けください。
今日は埼玉の大宮からご来園いただきました団体様とまたまた花野辺コーラス部ができて楽しく歌いました。
自然の里山の中で皆様で歌うのは本当に気持ち良いですね。
どのお客様がたのお顔も輝いておりました。

2088-1.jpg 2088-2.jpg 2088-3.jpg



11月18日 (月)  桔梗の花

最近桔梗は七月ごろが満開になります。
秋の七草と言われてますがかなりずれていますね。
花が終わりますと一旦切ってしまいますが、又そこから芽が出て花が咲きます。
季節の加減でこのように二季咲きの花もよく見かけます。

2087-1.jpg 2087-2.jpg 2087-3.jpg



11月19日 (火)  皇帝ダリア

何もかも花がなくなってしまうこの時期、高々と花を青空に向け咲いております。
 このお花も申し訳ないですが花の咲く前は本当にうっとしい位 葉が茂ります。
最初は梅園に植えてみたのですがあまりにも風情削減されてしまうので他の場所に植え替えました。
その場所が気に入ったらしく、ほとんど手も入れないでこんなにきれいに咲いてくれました。
 来年はもっと場所を広げて植えてあげようと思います。
このお花は皇帝というより女帝のほうが合うような気がしませんか。

2090-1.jpg 2090-2.jpg 2090-3.jpg



| 1 | 2 |
2013/11
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

前月     翌月