花野辺の里だより   2013年 7月
メニューに戻る
7月1日 (月)  花がたくさん

咲いてきましたカサブランカ。
花は下から咲き始めてゆきます。
明日はいくつ花開くでしょうか。
昨日、カメラを二つ持ち元気に歩かれている男性お二人。
ちょっとお年はいっておられるかと思っておりましたがとても精力的に写真を撮っておられたのでお声がけしましたら、なんと90歳、もう一方の方は80歳と・・・・。
笑顔の素敵なお二方で私が笛をふいいるところの写真もとってくださいました。
腕前はフォトコンテストで最優秀賞も受賞しているそうです。あとで送ってくださるそうで楽しみです。

2036-1.jpg 2036-2.jpg 2036-3.jpg



7月8日 (月)  ピンクダイヤモンド

ちょっとメインの道からはずれてますが、ご来園の折は見てあげてくださいませ。

2041-1.jpg 2041-2.jpg



7月8日 (月)  今が盛りの

ピンクダイヤモンドです。

2040-1.jpg 2040-2.jpg 2040-3.jpg



7月11日 (木)  アナベルと凌霄花も

ノウゼンカズラも緋色なのでアナベルの白とお互い引き立てあうかと思いまして、植栽してみましたがこのようになるまで7年かかりました。
途中の蔓の茎に虫が入るのでなかなかうまくいきませんでした。
何本か付きましたのであと2,3年したらかなり迫力も出てくるのではと楽しみにしています。

2039-1.jpg 2039-2.jpg 2039-3.jpg



7月11日 (木)  姫檜扇水仙

勝浦でも暑い毎日です。
でも東京方面からみえられた方々は」「確かに暑いけど向こうと暑さが違う、フライパンの上を歩いているみたいだよ、ここでは風が違う・・」
とお話しされました。
そしてこの姫檜扇水仙が暑さの中に涼しげに咲いているのが良いと褒めてくださりました。
あまり振り向かれることのない花ですが竹林やもみじ林の下草にはとても引き立ちます。
某テレビ局のスタッフの方が「この下草がいい仕事してますね」と言ってくださいました。
うれしいですね。

2037-1.jpg 2037-2.jpg 2037-3.jpg



7月11日 (木)  アナベルの中にも

姫檜扇水仙を入れてみましたがこちらは景色になりませんでした。
涼しくなったら入れ替えます。

2038-1.jpg 2038-2.jpg 2038-3.jpg



7月13日 (土)  最後に咲くカサブランカ

うすピンク色の儚げなカサブランカです。

2043-1.jpg 2043-2.jpg



7月13日 (土)  本日のピンクダイヤモンド

小さなつぼみが咲きました。

2042-1.jpg 2042-2.jpg 2042-3.jpg



7月20日 (土)  大菩薩花

この大輪の花を見る頃となりました。
暑い日差しをものともせずに太陽に向かうように咲いております。

2045-1.jpg 2045-2.jpg 2045-3.jpg



7月28日 (日)  念願の大賀ハス

移植してから3年やっと花のつぼみが。
何ともうれしい日なりました。
今月の初めごろ猛暑のような日々がつづきました。
勝浦では梅雨の恩恵がほとんど無く、「また今年の夏も9月後半になるまで園内の水まき〜〜〜」とへきへきしておりました。
その後 局地的な豪雨や山形のように大雨が続いたところ等、多くの水害、災害がこのところニュースで流されます。
相変わらず勝浦はテレビの雨の情報ばかりで、実際はまったくというほど降りませんが、このような水災害を目にしますと夏の水まきぐらいで根を上げられないですね。
このたび水災害に会われました皆様、震災に会われました皆様も追い打ちをかけるように水害や放射能の問題もまだまだ先が見えません。
明日に希望の持てる時代にどのようにしていけば我々はよいのでしょう。
自民党も大勝しましたが、それが良い潮流を生んでくれることをささやかに願うばかりです。
ハスの姿はなぜか祈る人を連想させられます。

2046-1.jpg 2046-2.jpg 2046-3.jpg



| 1 | 2 |
2013/7
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月