花野辺の里だより   2014年 12月
メニューに戻る
12月8日 (月)  草サンゴの実

晩秋から初冬に移るこの季節、赤や黄色の実が里山に密やかに色を付けてくれます。
カラスウリなども珍しがられて、「これ戴いていいかしら」とお持ち帰りになられる方も居られます。
お孫さんに見せてあげたいからと・・。
河津桜が咲きましたらそのお孫さんとお雛様の前でお写真を撮りたいわ・・。嬉しそうな微笑みを浮かべ帰って行かれましたが、スタッフもこのところ孫が生まれ、おばあちゃんになりました。
その気持ちがよくわかるのかウンウンと頷いておりました。
今日は小春日和でしたね。

2295-1.jpg 2295-2.jpg 2295-3.jpg



12月9日 (火)  もみじの景色

今年は残念ながらもみじの紅葉がきれいにみられなくてとても残念でした。
赤や黄色のモミジの葉が散り、今頃はきれいな絨毯になるのですが、茶色に枯れてしまった葉が多く例年のようにならずまたまた「残念!」
大きな台風18号の影響は続きますが、奥まったところのモミジがかろうじてこの程度に残りました。川のところも若干良いところもありましたが、例年と比べてよくなかったので写真に撮りませんでしたが、このもみじの下を通った時、「今日明日が最後よ」と呼びかかられた気がいたしましたので、そうねまた来年とつぶやきつつ写真を撮りました。
来年は良い年になるといいな〜〜〜。

2296-1.jpg 2296-2.jpg 2296-3.jpg



12月10日 (水)  水仙が朝日を受け

香しく道々に。
晩秋のモミジが残念でしたが、代わりに頑張らなくてはと、日本水仙がとても元気に里山を飾っております。
日本の四季に合わせて大和の花たちは似合いの花を咲かせてくれます。
今年は12月14日が最終の営業日となります。
冬季休園を約一月ほどいただきその期間に肥料まきを行います。
海草をなどを発酵させたものでとてもミネラルが豊富な肥料なのですがあまりに香りが、良い香り過ぎてとても皆様にはご来園いただけません。
私も初めてこの肥料をやった時は、まあ驚きました。
通常の営業日でしたので大失敗!その匂いたるやすざまく、お客様にお叱りを受けてしまいました。
でもその効果は素晴らしく花も冴え冴えとしたよい色になります。
ということでこのお休み期間を利用しまして来年のため頑張って肥料をまきます。

2297-1.jpg 2297-2.jpg 2297-3.jpg



12月14日 (日)  有難うございました。

今季の営業は本日を持ちまして、終了させていただきました。
来年の年明けは1月9日から開園予定です。
今年も消費税の値上げあり、大型台風の到来、御嶽山の噴火など社会情勢も危険ドラックによる被害など数え上げればきりもなく、様々な出来事がありました。
暗いニュースが多く世相がよくありませんでしたが、羽生さんが嬉しいニュースをもたらしてくれました。
頑張り屋さんですね、大したものです。
来年は、もっと沢山の明るい出来事が日々起こりますように。
皆様良い年をお迎え下さいませ。



2014/12
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月