花野辺の里だより   2014年 2月
メニューに戻る
2月1日 (土)  温かくなったかなと

梅の花、寒紅梅もかなり咲き始めました。

2110-1.jpg 2110-2.jpg 2110-3.jpg



2月1日 (土)  温かくなったねと 2

冬の青空は本当にきれいですね。
凛とほころぶ梅の花のバックにはこの青空が本当によく似合います。
 昨年末から桜茶屋の改装に入っておりますので何かと気ぜわしくお便りの間が空いてしまいます。
いつもいつも気にかかりはしてますがマメに更新できず申し訳ありせん。
この梅の写真は1月の31日にとりました。
 気持ちの良い青空、朝スタッフ一同でラジオ体操第一、第二と行っております。
この空の元で元気に体操出来る幸せを満喫いたしました。

2111-1.jpg 2111-2.jpg 2111-3.jpg



2月6日 (木)  明日まで桜茶屋はお休み

しております。
申し訳ございませんが、準備のため明日もお休みいただいております。
桜茶屋で改装後の掃除を今日はしておりました。
桜茶屋の河津桜が、一つ二つ三つっと花が咲き始めてまいりました。
寒い寒いと言いながらも春に向かって進んでおりますね。
菜の花も元気に黄色い花を付け、日本水仙の景色に色が加わりました。
明日は河津桜の花を撮ってまいります。


2月14日 (金)  ここはどこかしら

枝垂れ桜とユキヤナギニ。
枝垂れ雪と本当はこれが雪やなぎ。
全くここれが南房総の景色とはだれが思いますでしょうか。
今日は私は雪見風呂を楽しみました。

2122-1.jpg 2122-2.jpg 2122-3.jpg



2月14日 (金)  ここはどこかしら

雪とロウバイ

2120-1.jpg 2120-2.jpg 2120-3.jpg



2月14日 (金)  ここはどこかしら

雪の寒紅梅

2118-1.jpg 2118-2.jpg 2118-3.jpg



2月14日 (金)  ここはどこかしら

桜茶屋からの雪景色

2116-1.jpg 2116-2.jpg 2116-3.jpg



2月14日 (金)  ここはどこかしら

池の散策路

2114-1.jpg 2114-2.jpg 2114-3.jpg



2月14日 (金)  ここはどこかしら?

房総とは思えない雪景色となりました。
朝のうちは雨模様でしたので、張り切って私は食器倉庫の棚作りをしておりました。
 そのうち雨がみぞれ、みぞれが雪に。
スタッフが帰り大丈夫かしら??などと心配しておりましたが「このぐらいならまだまだ大丈夫!!」とせっせと棚板を切り、手先も冷たく切の良いところでなったので、「まっ温まろうか」とコーヒー一杯5分ほどの休憩を取りました。
ところがその5分ほどの間に外は 真っ白!!銀世界に変身
 本格的な雪模様になっていました。
これは皆を返さなくては、とかたずけもそこそこに帰しましたが、あと30分遅れていたら花野辺の里に泊まりになっていたのではないかと思うほどでした。
とにかくこんなに降ったのは初めてです。
ここ何年か気候変動で初めてということが多くなってきました。
 そのあとこの雪景色の写真を撮りに園内を歩きました。
雪の重みで枝が折れているところも多く 勝浦で 雪で 枝が折れる〜〜〜!!
こんなことがあるなんて・・・驚きの世界!!
などと思いながら歩いておりましたら、大変!!
枝が重みで折れるのなら、ビニールハウスがつぶれるかもしれない〜〜〜
と熊手を持ってハウスまで行きました。
案の定10センチ以上の雪がしっかりと固めていました。周りから雪下ろしをしたのですが、短い長靴でしたのでおろした雪の中に埋もれてしまいます。
 早くしないとハウスがつぶれると走って戻り、車で今度はハウスまで、四駆の車ですが、雪が深く入りなかなかに走りにくかったです。
 1時間ぐらいかけて積もった雪を全部おろし手今度は汗が滴るように熱くなりました。
 戻ってくると主人が「間違いなく百まで生きるよ」
と太鼓判を押してくれました。
 先月で63歳になりました。
こんなに元気で毎日楽しく仕事ができて本当に幸せです。
改装した桜茶屋も梅や河津桜の開花と共ににぎやかになります。
あとは食器倉庫の棚付けだけになりました。
 スタッフが私のことを棟梁と呼んでくれます。
大工の腕はまだまだですが、出来上がった物の使いやすさは私が作ったのが一番良いのではと思っております。
 梅のかなり咲いてまいりました、河津桜のつぼみもかなり膨らんで、これからは花便りをマメに更新できますね。

2113-1.jpg 2113-2.jpg 2113-3.jpg



2月14日 (金)  ここはどこかしら

池から桜茶屋を見上げました。
寿老人の菜の花も雪帽子をかむって。

2115-1.jpg 2115-2.jpg 2115-3.jpg



| 1 | 2 |
2014/2
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

前月     翌月