花野辺の里だより   2014年 5月
メニューに戻る
5月4日 (日)  アイリスとつつじなど

アイリスは緑の風に吹かれて気持ち良さげに咲いております。
気品ある装いですね

2200-1.jpg 2200-2.jpg 2200-3.jpg



5月4日 (日)  可愛らしいスズランの花

純白の釣鐘のような小さい白い花。
特に女性には人気があります。

2199-1.jpg 2199-2.jpg 2199-3.jpg



5月4日 (日)  斑入り空木

空木の中では一番はやく咲きます。
まとまった花がとても華やかです。
桜や、もみじの新緑を背景に五月の
薫風に彩を添えております。

2201-1.jpg 2201-2.jpg 2201-3.jpg



5月9日 (金)  都忘れ

色とりどりの都忘れが群生しております。
里山にひっそりと咲く姿は風情がありますね。

2204-1.jpg 2204-2.jpg 2204-3.jpg



5月9日 (金)  空木

青空と空木の花の景色。
五月の空に映えております。

2202-1.jpg 2202-2.jpg 2202-3.jpg



5月9日 (金)  春菊

春菊の花は可愛いですね。
愛でてもよし食べてもよし。
優れものですね。

2203-1.jpg 2203-2.jpg 2203-3.jpg



5月9日 (金)  十二単とアイリス

こしきゆかしい素敵な名前のお花。十二単。
古代紫はこのような紫色だったのでしょうか。
一方アイリスは西洋風な華やかさが美しいですね。

2205-1.jpg 2205-2.jpg 2205-3.jpg



5月13日 (火)  空木と春菊

赤い空木の花と黄色い春菊がお互いに引き立てあっていい関係ですね。
人間の付き合いもこのようになると争いもなくなるのですが、利害や感情が加わるとうまくいかないものです。
人の心を救うものが宗教の存在ですのに・・・。
信じる神の違いにより争うなど、きっと神様も高いところで嘆かれているのではないでしょうか。
さわやかな風に吹かれながら、それぞれに精一杯咲いている姿は本当に美しいです。

2207-1.jpg 2207-2.jpg 2207-3.jpg



5月14日 (水)  紅空木の花がこぼれ咲くように

園内のそちらこちらに、ホトトギスも鳴き始めました。
五月の風がもみじの新緑の下を吹き抜けてゆきます。
「緑に染まっているかのような風に、身も心も癒されました」
女性のお客様が一言、言葉を残していかれました。
そのお客様の後ろ姿に、さわやかなモミジの新緑が影お落とします。
お見送りしていると、注ぐ陽射しが、その方の影をゆらしました。
お客様は、 にこやかな笑顔でもう一度振り向かれ手を振りながら
「紫陽花が咲いたらきますからね〜〜〜」
サツキの空の下のひと時でした。

2208-1.jpg 2208-2.jpg 2208-3.jpg



5月14日 (水)  睡蓮もゆったりまったり

黄色い菖蒲と睡蓮も色どりよく咲いております。木々の新緑の影を映し、ゆらゆらと揺れる水面はのどかな景色を演出しております。
池の鯉が時々跳ねて驚かせますが、すぐに水の輪は広がり消えてゆきました。

2209-1.jpg 2209-2.jpg 2209-3.jpg



| 1 | 2 |
2014/5
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

前月     翌月