花野辺の里だより   2014年 7月
メニューに戻る
7月2日 (水)  姫檜扇水仙と竹林の景色

しっとりとした風情が道々に

2245-1.jpg 2245-2.jpg 2245-3.jpg



7月2日 (水)  姫檜扇水仙

田舎ではありふれた庭の景色だそうですが。
私はこの風情がたまらなく好きです。

2246-1.jpg 2246-2.jpg 2246-3.jpg



7月3日 (木)  クチナシの香り

湿度が高いと更に香ります。

2247-1.jpg 2247-2.jpg 2247-3.jpg



7月3日 (木)  八重に咲く紫陽花

白い花ビラが幾重にも重なり少し日陰の場所が明るくなります。

2248-1.jpg 2248-2.jpg 2248-3.jpg



7月4日 (金)  アナベルは

今が盛りと花の大きさを競います。

2249-1.jpg 2249-2.jpg 2249-3.jpg



7月16日 (水)  小川の中にも

竹林にも

2255-1.jpg 2255-2.jpg 2255-3.jpg



7月16日 (水)  姫檜扇水仙が

傾斜を涼しげに。

2253-1.jpg 2253-2.jpg 2253-3.jpg



7月16日 (水)  姫檜扇水仙

梅雨明けの頃の花ですが、とても涼しげに里山の景色を彩ってくれる花です。

2254-1.jpg 2254-2.jpg 2254-3.jpg



7月19日 (土)  ノウゼンカズラとアナベルと

白いアナベルと赤いノウゼンカズラの色の対比を楽しんでいただこうと思ってこのようにしましたが、あまり高いところ過ぎて目がなかなか行かないようです。
「がっかり」でも帰り道は下って来るところなので少しは目に入るようです。
見てあげてください。

2252-1.jpg 2252-2.jpg 2252-3.jpg



7月21日 (月)  金糸梅

金糸梅は7月の初めいったん咲くことをやめますが、3週間ぐらい経つと又このように少し小ぶりにですが咲き始めます。
二度楽しむことができる嬉しい花ですね。

2251-1.jpg 2251-2.jpg 2251-3.jpg



| 1 | 2 |
2014/7
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月