花野辺の里だより   2014年 9月
メニューに戻る
9月1日 (月)  この夏最後の蓮の花

一日一日陽が短くなってまいりました。
すずかぜが晩夏を告げていります。
はっきりしないお天気が続きましたが、植物は息を吹き返したように花々を咲かせ始めました。
その中で見つけた最後の大賀ハスです。
夏の盛りの頃はキャンプのほうが忙しく園内の花々を見る余裕がありませんでした。
遠くから眺めてああ咲いているな、写真を撮らなくてはと思っているうちに今日の日に。
時は瞬く間に過ぎていきました。
草サンゴの実も赤くきれいですね。
足元には栗の実が・・・・。
お便りに書くと、「初秋の頃となりました」の言葉が使われますね。

2259-1.jpg 2259-2.jpg 2259-3.jpg



9月5日 (金)  間もなくコスモスも

絨毯のように花が咲いてまいります。
まだまだ一分咲にもなりませんが、来週後半の連休頃はかなり咲いているでしょう。

2260-1.jpg 2260-2.jpg 2260-3.jpg



9月5日 (金)  コスモス畑

風にそよぐコスモス。

2261-1.jpg 2261-2.jpg 2261-3.jpg



9月6日 (土)  白式部、紫式部の実

園芸種ですが秋の景色にはなりますね。
弁財天様のところで撮りました。

2264-1.jpg 2264-2.jpg 2264-3.jpg



9月6日 (土)  純白の芙蓉の花

同じ種類でも白い花のほうが早く花開きますね。
ミヤギノハギも秋明菊などもそうですね。

2262-1.jpg 2262-2.jpg 2262-3.jpg



9月6日 (土)  彼岸花のつぼみ

竹林のヒガンバナがすらっと伸びてまいりました。
今年は早いですね〜〜〜。
一時 肌寒いような日が二、三日、ありましたからそのせいでしょうか。
開花しアゲハチョウが飛び交うさまはとても素敵です。
お楽しみに。

2263-1.jpg 2263-2.jpg 2263-3.jpg



9月7日 (日)  白萩と弁財天様

今年は思ったより秋の訪れが早いようですね。
白萩が初秋の風をうけて嫋やかに揺れております。
弁財天様の柔和なお顔と白萩のツーショットでした。
白萩は、ほんの束の間の盛りしかありません。
今週の平日はお休みです。
9月13日から秋のシーズンとなります。
ぜひ、ご予定に入れておいてください。

2265-1.jpg 2265-2.jpg 2265-3.jpg



9月9日 (火)  芙蓉の花

白とピンクの花が散策路に。
四季は時の贈り物をいろいろな形で送ってくれます。
中には迷惑な花、例えばアレルギーを起こす花や蔓状にどこまでも這っていくものなど、雑草はとても丈夫ですし、雑草取りをしていると抜いた後からまた出てくるようの気がしたします。
お客様方の草花のお庭に植えている方々も多く、「私たちの猫の額ほどの庭でも草むしりが大変なのに〜〜、これだけの広さ・・たいへんよね〜」
とご賛同してくださいます。
でも次から次に仕事を作ってくれるこの雑草が我々の元気の源かもしれません。
この芙蓉の花もそれはそれは虫が付きます。
夏の間、かなり面倒を見ないと穴だらけと言うより葉がなくなってしまいます。
不思議と花が咲き始めると虫がいなくなります。
成虫になって飛んでいったのでしょうか。

2268-1.jpg 2268-2.jpg 2268-3.jpg



9月10日 (水)  秋が駆け足で

里山に来たようです。
紫紺のボタンが花びら足元に散らして。
ついこの前までは蕾さえなかったような気がしましたが。
11月まで咲き続ける息の長い花ですが、あまりにも静かにそっと咲くので気が付くのがいつも遅れてしまいます。
秋の花はどれも静かなたたずまいの花が多いいですね。

2266-1.jpg 2266-2.jpg 2266-3.jpg



9月10日 (水)  白いヒガンバナです。

生成り色のヒガンバナです。

2267-1.jpg 2267-2.jpg 2267-3.jpg



| 1 | 2 |
2014/9
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

前月     翌月